東大無線株式会社 環境方針

環境理念

 東大無線株式会社は、自然、限り有る資源の大切さを考え、地球の環境保全が人類共通の

最重要課題であることを認識し、環境保全が経営の重要課題であると考えます。

 

環境方針

 東大無線株式会社は、トランス、フィルター、中高圧トランス、インダクター、偏向系コイル、電気

検査測定治具等、コイルを主力とする電子部品の開発・設計・試作・製造・販売などの事業活動を

行っています。この事業活動において環境に与える影響を認識し、以下に掲げる行動を実施します。

1、全社員又は当社のために働く人が環境保全の大切さを認識し、すべての事業活動において

  環境方針に沿った行動を取るように教育を行います。

2、事業活動において環境方針を確実に実行する為、技術的、経済的に可能な範囲で具体的な

  目的・目標を定め、計画を立て、環境汚染の予防に努めます。

  また、定期的見直しを行い環境マネジメントシステムの継続的な改善を行います。

3、環境に関する法規制及び、その他要求事項を遵守し、事業活動を行います。

4、環境保全のため、以下の項目について取り組みます。

  (1)、製品・活動にて使用される環境負荷物質の調査を行い把握する。また、できる限りの

    削減を推進し、適切な管理を行います。

  (2)、製品の設計、生産活動においてRoHS指令に従った管理を行います。

  (3)、廃棄物の削減を徹底的に推進し、排出される廃棄物については分別収集を行い

     リサイクルによる資源の有効活用を行います。

  (4)、効率の良い事業活動を推進し、エネルギーの消費を削減します。 

5、環境方針は社内をはじめ、一般の方々にも容易に入手できるよう、広く開示致します。

2008年 1月 11日

東大無線株式会社

代表取締役 社長   志村 福夫

 






 これまでの環境方針                                                                        

  2008年 1月11日


 2006年 9月25日


 2005年 6月24日